2017年01月31日

節水

家庭でも簡単!節水方法まとめ - エネチェンジ
2016年1月6日 ... 家庭でも節水したいと思っている人も多いのではないでしょうか。節水をしてみたいと 思っていても方法がわからなければできませんよね。ここでは、簡単に誰にでも出来る 節水方法をご紹介していきたいと思います!(続きを読む)


東京の公立学校に節水器具 富山のクリア、10区に拡大狙う
節水システム開発・施工のクリア(富山県射水市)は東京都心で節水器具の需要を開拓する。同社の節水器具は既に墨田区の小中学校で効果が確認されている。1月末にも台東区の区立小学校に導入されるほか、世田谷区や葛飾区で試験導入が始まった。夏場の渇水が多い (続きを読む)


節水ってなんのためにするのでしょうか? 節電は火力発電などをすると、資源を沢山...
節水ってなんのためにするのでしょうか? 節電は火力発電などをすると、資源を沢山使い地球温暖化に影響するためする必要が十分にあると思うのですが、節水は川から引いた水を使って、また川に 流しているだけではないのですか?もちろん、きれいにするのにエネルギーを使うのは分かるんですが節電とは比にならないと思うんです。また、風呂などでの節水については温水だからたくさんのエネルギーを使うので節水の意味はあると思います。(続きを読む)



posted by そんすんほん at 23:52| 日記

節電

日本の節電の不思議。 久しぶりに日本に帰国して思うのは、なぜ夏は「節電!節電!...
日本の節電の不思議。 久しぶりに日本に帰国して思うのは、なぜ夏は「節電!節電!」とうるさく、エアコン設定温度を28度にしたりして、オフィスでも熱中症になるくらい暑いままにして我慢しているのに、冬になると誰も「節電」と言わず、レストランも電車の中もショッピングモールも以上に暖房を入れて暑くするのはなぜなんでしょう? 日本人は暑さに強いんですかね? 体を冷やすことを異常に嫌がる国民性のような気がします。中医からくる考え方でしょうか? 他国(西洋)ではあまり聞かない健康法のような気がします。 とにかく冬の暖房が強すぎでのぼせそうです。皆さんは大丈夫ですか?(続きを読む)


【連載】ソーラー女子は電気代0円で生活してます! #3 まずは節電生活をしてみる!<前編>
フジイチカコ北海道生まれ。2011年の東日本大震災の原発事故と計画停電をきっかけに節電に嵌り、東京の自宅でソーラー発電を試しはじめ、2012年9月、ついに電力会社との契約を解約、電気代0円生活を送りはじめる。自宅では、ソーラーパネル、発電エアロバイク、 (続きを読む)


政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」
現在、我が国が直面する電力需給ギャップに対処するためには、国民の皆さん、関係 事業者のご理解とご協力が必要です。本サイトでは、政府の節電関係情報と、節電 についての基本的事項をわかりやすく提供していきます。(続きを読む)



posted by そんすんほん at 19:55| 日記

節約

節約意識の違いについて(夫婦40代共働き、子供3人(中学、小学、保育園児) 妻...
節約意識の違いについて(夫婦40代共働き、子供3人(中学、小学、保育園児) 妻との光熱費の節約意識の違いについて困っています。 私は幼少より電気、水道などコマメに節約する家庭で育ったため、使用していない部屋の電気は都度都度消します。また食器を洗う際はガス代が勿体なく感じるため、冬でも常温の水で洗いものをします。食洗器もなるべく使わないです。お風呂も追い炊きが勿体ないため、なるべく追い炊きをする必要がない間隔で全員入って欲しいタイプです。一方で妻は光熱費の節約には無関心なタイプで(支払いは電気:妻、水道、ガス:私)、最近の暖かい時期でも、お湯で食器洗い、シャワーは長時間浴びますし(まあ、女性なのでシャワーはしょうがないと思います)電気は消し忘れで仕事に行く、つけっぱなしで寝る(仕事に疲れてリビングで爆睡)、ということが月5回程度はあるような気がします。お金にそこまで困っているわけではないですが(余裕があるわけでもないです)、私はそういう無駄使いをされるとイライラする性分です。寒い時期の洗い物は辛いですし、手も荒れることは理解してますので、お湯で洗うのは致し方ないと思いますが、ちょっと温かくなってきた今日この頃、当たり前のように温水で洗うのではなく水で洗ったらと思います。お互い働いており、お互い精神的な余裕があまりありません。今朝もお湯で皿洗いしている妻に(皿洗いの頻度は妻5 私5)ちょっと嫌味っぽく、水で洗ったら、といったら、お湯の方が汚れが取れるしetc・・・とブチ切れられました。家事全般の割合は妻6私4、程度です。もっと他にも節約するところがあるでしょ!とも言われました。確かに光熱費にはうるさい私ですが、晩酌は毎日(350mlの発泡酒2〜3本)、趣味の釣りには月5千円〜7千円、タバコ代月5千円、と妻からすれば削れるところがあるように見えるのもわかります。妻が洋服を買ったり、外食をしてきたりといったことは極端な話、いくら使ってこようが全く気になりません。光熱費だけはどうしてもイライラします。妻が節約してくれる、もしくは私がイライラしなくなるアドバイスがあればよろしくお願いしますm(__)m(続きを読む)


【節約家計簿】 貯蓄型保険への加入が難しくなる?
生命保険に入ろうとするとき、払った保険料の全てが掛け捨てになることを「もったいない」と感じる方もいるでしょう。「保険は、保障を得るために入るもの」だと頭で理解していても、無事に保険期間を終えた場合には、多少なりとも保険料が戻ってきてほしいという方は少なく (続きを読む)


節約術100 - あつめてみた。 - Goo
生活に役立つ節約術をあつめてみた。お小遣いも貯まるかも!(続きを読む)



posted by そんすんほん at 16:50| 日記