2019年10月17日

エアコン 節電

エアコンを買い替えれば節電に? - 日経xTECH

エアコンを買い替えれば節電に???日経xTECH(続きを読む)



エアコンが感知している温度と電気代について。 今年の夏エアコンを買い換えました...

エアコンが感知している温度と電気代について。 今年の夏エアコンを買い換えました。今は暖房で使っているのですが、それまで使っていたエアコンの設定温度は、節電のために16℃で付けていました。 でも、冬は部屋の温度が10℃とかなので、プラス6℃ということで、それなりに暖かい風が出ていて、まぁ充分でした。 ですが、買い換えたエアコンは、明らかに部屋の中が寒いのに、音声で「お部屋の温度23度です」などとのたまいます。実際、別の部屋から温度計(のついてる電波時計)を持ってきましたが、エアコンの風が当たるところに置いてもせいぜい14℃。 ですが、エアコンが23度と言っているものですから、20℃に設定しても、ぬるーい風(なんなら少し冷たいくらい?)が出て来て(設定温度より室温の方が低いことになるので)、節電の観点からいっても、暖かくもない風を出すのに電気代をかけるって、かえって無駄というか無意味なことだよな…と思って仕方なしに24℃とかに設定しているのですが、部屋の温度と設定温度に開きがある方が、電気代は高いわけですよね? たとえば、冷房で、同じ28℃の設定でも、40℃の日と、30℃の日とでは、後者の方が緩やかな運転となって電気代が抑えられるのだと思うんです。 となると、実際には部屋の温度が14℃程度しかないのに、エアコンが23℃と言っている→20℃程度の設定ではちっとも暖かい風が出て来ないのでかえって無駄→設定温度を24度に…というのはすごく電気代的には高くなっているのでしょうか? 実際今、緩やかな温風が出てるので、そんなにかかっているわけではない=エアコンが14度と言っている(感知している)ところを24度に設定しているのとは違い、エアコンの言う室温との差は2℃しかないのだから、無駄に高くなっているわけではない、と思っていいのでしょうか?(続きを読む)





posted by そんすんほん at 15:38| 日記